ブログパーツ

39歳からいろいろ頑張るブログ

人生安定しはじめた今からいろいろ頑張るブログ

厚底の衝撃! 「ナイキ“ズーム ヴェイパーフライ 4%”」

正月早々、ニュースを読んで、衝撃を受けた。

一応、マラソンランナーというジャンル
に在籍している人間であるならば、これ
を日記にしないなんてことがあるだろうか。いや、ない!


 リンク:箱根駅伝は「ナイキ」厚底シューズの圧勝 約4割の95選手が履く

上記記事から抜粋すると

~~~
「ナイキ(NIKE)」の厚底シューズ“ズーム ヴェイパーフライ 4%”に
よる同ブランドのシェア率に注がれていた。結果は10区・23校の230人の
選手のうち95人が「ナイキ」のシューズを履く(同社公式サイトの発表)
という圧勝だった。

18年9月のベルリンマラソンでエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)
選手が2時間1分39秒という驚異的な世界新記録を樹立したり、10月の
シカゴマラソンでも大迫傑・選手が日本新記録を打ち立てたりしたことは、
大きな話題になった。
~~~

ナイキ ズームヴェイパーフライ
 画像:【ナイキ 公式通販】ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット より


マラソン業界的には、薄いシューズほど
(クッション性は弱くなるが)軽いし、
反発力が強くなるから早く走れるという
のが通説だった。だからこその厚底シュ
ーズでのこの圧勝劇は衝撃を受けた。

----------

実は私も近年薄いシューズをずっと愛用
してきました。だけど、そのせいなのか
正直怪我が増えたような気がします。過
去の日記を検索してみても、コレとか
アレとかソレとか。

ちなみに上記のシューズは、もちろんた
だ厚底なだけじゃなく、さまざまな素材
や工夫がしてあるシューズなわけで、金
額もお高いし、耐久性も低いとのこと。

さすがにそれは買えない(というか、そ
もそも今の時期ならきっと入手困難だと
思われ…)ので、廉価版の方のシューズ
をさがしてみようかなと新年早々思った
というお話でした。


ってか…

 リンク:箱根で激突したランニングシューズの“厚底 vs 薄底”論争の行方

1年前の箱根の時から、とっくに話題に
なってたのな…(恥 なにげに妻はとっ
くに知ってました。今更知るランナーって…(恥


今年は厚底シューズランナーが増えるだろうなぁ…(私含む) 。。。




関連記事

Sponsored Link

[ 2019/01/07 09:00 ] マラソン | TB(-) | CM(10)
明けましておめでとうございます。
実家に行っていて、昨日帰ってきました。

箱根駅伝面白かったです。
メイクドラマ(死語?)がたくさんあって。(^^;)
オレンジの厚底シューズを履いている選手多かったようです。
上位や区間賞取った選手の7割は、この厚底だったようです。

この厚底は、短距離は無理だけど、長距離には向くとはいえ、
筋力がない人が使ったら、重さでダメージ受けるのでは?

今日、やっと株高になりました。
でも、今年は、多分あまり良くないような気がします。
最近はアルゴがひどすぎて、めちゃくちゃな動きをしますね。
[ 2019/01/07 13:32 ] [ 編集 ]
へぇ、シューズも軽い=勝利に繋がるという訳ではないんですね。
逆に厚い方が脚裏への負担も軽減されて、
走る時に有利になったりするのでしょうか。
短距離走なのか、長距離走なのかで変わってきそうですが、
こうして色々なシューズが登場しているから、
選手からしたら色々な靴選びの選択肢が増えていいのかもしれませんね(´∀`)
[ 2019/01/07 22:20 ] [ 編集 ]
すみれママさん
あけましておめでとうございます。

箱根駅伝、私もちょっとだけ観てました。
視聴率、過去最高だったようですし、
面白かったのは間違いないでしょうね~

今までの常識でいいますと
厚底 クッション性高 反発力低 重い(=初心者向け)
薄底 クッション性低 反発力高 軽い(=上級者向け)

だったのですが、今回のは厚底にも
かかわらず、比較的軽く、反発力が高い
という魔法のような靴なのです^^

株のアルゴは、デイトレーダーにはやっかい
でしょうね。ほんと、機械的に落ちるときは
落ちまくったりしますしw
[ 2019/01/09 11:12 ] [ 編集 ]
ツバサさん
先にも書きましたが、基本的には薄底で軽い方が
勝利に繋がるのは間違いないんです。
(デメリットはクッション性が低いことですが、
上級者は足を鍛えてますから問題ないというわけで)

ですが、やはり負担は軽い方がいいのは
上級者も同じ。デメリットの部分がなくなれば、
当然厚底に切り替える人も多いというわけです
(今回の箱根駅伝の圧勝劇が物語ってます^^)

ちょっと専門的になりますが、つま先のみで
走るスピードの出やすいフォアフット走法と
いう走り方に特化したシューズというのも
今回の勝利の要因のひとつですね。
[ 2019/01/09 11:13 ] [ 編集 ]
スポーツの世界には時々こういったビックリするような技術革新って起こりますよね。少し前に水泳でも皆が同じ黒一色の足首まである水着を来ていたのが思い出されます、あれもあの生地を作れる所が一社しかなく、かつ体全体を覆った方が早く泳げたのであの水着になったのですけど、レギュレーションの変更であっさり使えなくなりました。

今シーズンは厚底のシューズを履いて記録連発の予感ですね \(^o^)/
[ 2019/01/09 23:26 ] [ 編集 ]
正直、どのスポーツもやはり道具で優位に
なるのは当たり前という感じがします(もちろん、
我々素人レベルだと練習の方が大事でしょうがw)

水泳は、昔、レーザーレーサーとか有名に
なりましたよね~(今はもっと凄いのがあるので
しょうけど)。規定内で、どうやって早くするか・・・
どの競技もメーカーがしのぎを削っていると
いうわけですね^^

>記録連発の予感ですね \(^o^)/

ぷ、プレッシャー・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
[ 2019/01/10 18:14 ] [ 編集 ]
値段が高いのに耐久性が低いというのは、悲しいですね(ToT)
最近スロージョギングをしているので、シューズには興味がありますが、高いのはとてもとても・・・・

箱根駅伝、私も少し観ていました。
東大生の方は、たしか去年インフルエンザで出られなかったような・・・・
週3回の練習で、食事も自炊を適当にしているそうで、強豪校とはかなり違う生活を送るなか、無事に走れてよかったです。
[ 2019/01/10 21:34 ] [ 編集 ]
厚底靴で走るのって陸上のイメージとは違いますね。
神田ももたろうさんは、最近走ってらっしゃいますか?
私は昨年秋に出た、駅伝以来走っておりません…苦笑
[ 2019/01/11 19:40 ] [ 編集 ]
utokyo318さん
高性能が第一条件で、まさに超上級者用の
シューズなのだと思います^^;
スロージョギングであれば、市販の厚底が
ぴったりですね♪ 今のはクッション性は
凄く高く、いいと思います。

東大のランナーの方を存じ上げなかったので
調べてみました。凄く努力されたのですね!
何事も創意工夫が大事だなと思いました。
[ 2019/01/14 12:09 ] [ 編集 ]
lucky girl☆さん
長距離だとかつては薄く軽く反発性のある
シューズが常識だったのですが、これからは
厚底(足を守る)で軽く反発性のあるものが
主流になってくるでしょうね。

一応、走ってますよー。晴れ間が少ない
ですけど、晴れたらチャンス!とばかり
走ってます。
あと、走るのは、強制ではありませんしね。
気持ちが乗った時、走ってみましょう(^o^)
[ 2019/01/14 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新コメント
プロフィール

神田ももたろう

Author:神田ももたろう
2015/2/20 マイホーム購入
 39歳(2015/4/13時点)

人生バタバタして、なんでも始める
のが遅かったけれど、今からまた
いろいろ頑張ります。

一応、ダイエットブログです。
35kg痩せた
過去の私の努力をよかったら
御覧ください…(;´Д`)

過去日記:万年ダイエッター

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング