ブログパーツ

39歳からいろいろ頑張るブログ

人生安定しはじめた今からいろいろ頑張るブログ

【原作クラッシャー】 「セクシー田中さん」だけじゃない。大昔から続く改変問題の是非が改めて問われる 【ビューティフル・ドリーマー】

少し前、ドラマでやっていた「セクシー
田中さん」。ちょい観たいかもと思って
いたのだけれど、妻があまり乗り気でな
かったため、結局観なかった作品。そし
て、ドラマ終了後、原作者の望まぬドラ
マの改変が原因で、悲しい出来事が起こ
ったのは皆さんご存知の通り。

今どきの若い人は、「推しの子」を連想
した人も多いのではないか。ドラマを適
当に制作され、原作者の生気のない表情
を描いていたシーンはリアルにある話だ
ったんだなと。そして、(別エピソード
ではあるけれど)誹謗中傷ゆえに、最も
悲しい選択肢を取ってしまうというのもそう。


一時期、「原作クラッシャー」という単
語がトレンドに入っていました。今どき
の「古い人」は、なんといっても劇場版
「うる星やつら2 ビューティフル・ド
リーマー」(以下BD)が思い浮かぶで
しょう。監督である押井守の最高傑作と
の呼び声も高く、後世のアニメに多大な
影響を及ぼしたと言われています。
ただ、観てない人に説明するならば、
「うる星やつらのキャラクターを使った
なにか別物」という表現がやや誇張しつ
つも、ニュアンスとして伝わるかなと思います。

本作の最大の困ったことは一般的に超名
作とされていること。とはいえ、世界観が
違うがゆえ、本作に関して、原作者である
高橋留美子が激怒したとかなんとか噂
レベルで聞いたりします。もちろん、心中
は本人のみぞ知ることではありますが。


そんなBD、なぜかこのタイミング
アマプラで見放題配信になるというので
話題になっていました。ですが、政治的
な何かの力が働いたのかはわかりません
が、一転中止というね(同じ小学館だから!?)

(※2024/02/13追記)
どうやら普通に配信が開始されたようで
す。中止ってなってたのは、一体なんだったんだ…


原作の漫画家・芦原妃名子のご冥福をお祈り致します 。。。





関連記事

Sponsored Link

[ 2024/02/12 09:00 ] 本、映画、TV番組 | TB(-) | CM(6)
自分の作った作品を好き勝手に弄り回されたら、
やっぱりいい気分はしないですしね……。
せめて小学館側が作者を守っていれば別だったと思いますが、
テレビ側に忖度したのか、守っていたという話も聞きませんでしたね。

原作があるものであれば最大限、作者に敬意を表して作るべきですが、
最近は原作があっても「それを利用して作ってやっている」という雰囲気が感じられて嫌なものです(><)
ファンアートの域を出ないならともかく、
商業作品としてテレビや劇場公開するなら、
そこもしっかりと考えて欲しいものですね。
[ 2024/02/12 10:56 ] [ 編集 ]
「海猿」の件についてもまた取り上げられていますが、作風が変わるのは耐え難いという原作者も多くいらっしゃるでしょうね・・・・
日本のドラマや映画はほとんど観なくなりましたが、海外の作品でも、同じようなことがあるのかもしれません。

配信中止は、不可解ですね。
こちらの作品についてもクローズアップされるかもという不安があるのかもしれませんね。

[ 2024/02/12 22:25 ] [ 編集 ]
ツバサさん
>自分の作った作品を好き勝手に弄り回されたら

これはありますよね。微妙な解釈の違いや
演出等は仕方ないでしょうが、全くの別物に
なってしまうとうーん…となると思うのです。

昔はそうではなかった(=改変ありき)ようですが、
これからの流れは原作に忠実に…になっていく
気がしますね。
[ 2024/02/13 12:19 ] [ 編集 ]
utokyo318さん
海猿の件、話題になってましたね~
現在では、原作者はどちらかというと、かなり
軽視されている感じです(扱い、収入面等)。

配信に関しては、二転三転、今は配信が開始された
ようです。令和版で良さを知り、若い人が見て
くれている可能性があるのは、嬉しいことです。
[ 2024/02/13 12:19 ] [ 編集 ]
作者が望まない改変は絶対あっちゃならないと思うんですよね。
今回の事件でテレビ局の傲慢な体質も少しは変えろよと思います。
海猿は作者が書いたnoteの文面を見ましたが、主演の伊藤英明のコメントは逆撫でするようなコメントだなと思いました。
ビューティフルドリーマーは押井節全開の傑作ですよねー。
原作改変も天才がやれば傑作になるけど、凡人がやったらタダの原作クラッシャーになってしまうような気がします。
セクシー田中さんの主演の木南晴夏は玉木宏の配偶者だと聞きましたが、玉木宏の鶴見中尉はファンからも絶賛されてたのに、木南晴夏は主演ドラマがこのようなことになってしまって、天国と地獄だなと思ってしまいました。
[ 2024/02/17 06:27 ] [ 編集 ]
>作者が望まない改変

これですよね~ もちろん、作者の中
には、お好きにどうぞという方もおられる
でしょうけど、やはり世界観や設定を大事に
する人がほとんどでしょうし、基本はNGでしょうね。

BDは、まぁ賛否はあれど、当時はそういうことも
多かった時代(宮●駿作品でも…笑)ですし、今の
価値観では測れないでしょうね。

>木南晴夏は玉木宏の配偶者

ですです。勇者ヨシヒコに出ていた彼女が好演していた
ので、結構ファンです。あと、昔の趣味仲間が玉木宏の
同級生だった、と言っていました笑 ←どうでもいい話
[ 2024/02/17 20:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新コメント
プロフィール

神田ももたろう

Author:神田ももたろう
2015/2/20 マイホーム購入
 39歳(2015/4/13時点)

人生バタバタして、なんでも始める
のが遅かったけれど、今からまた
いろいろ頑張ります。

一応、ダイエットブログです。
35kg痩せた
過去の私の努力をよかったら
御覧ください…(;´Д`)

過去日記:万年ダイエッター

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング