ブログパーツ

39歳からいろいろ頑張るブログ

人生安定しはじめた今からいろいろ頑張るブログ

「肩腱板断裂」…かもしれないけど、なんとか復活できた件

私自身、トレーニングをしてて、一番自
分で恥ずかしいなと思うことは、


「トレーニングで怪我をすること」


より、健康に生きるためにトレーニング
しているのに、怪我をするなんて、もっ
てのほかだから。それなのに、ここ数ヶ
月、ずっと右肩を痛めていました。

腕を下から上へあげる動きは問題ないの
だけれど、上にプッシュする動きの時に
痛み(ゴリッという感じの音がする)
病院へは行っていないのですが、
「肩腱板断裂」という症状なのかなぁと(ネット判断)

肩腱板断裂

40歳以上の男性(男62%、女38%)、右肩に好発します。
発症年齢のピークは60代です。

腱板断裂の背景には、腱板が骨と骨(肩峰と上腕骨頭)に
はさまれているという解剖学的関係と、腱板の老化が
ありますので、中年以降の病気といえます。

明らかな外傷によるものは半数で、残りははっきりとした
原因がなく、日常生活動作の中で、断裂が起きます。
男性の右肩に多いことから、肩の使いすぎが原因となって
ことが推測されます。

 参考:「肩腱板断裂」 - 日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

上にプッシュする動きができないので、
ずっと「ミリタリープレス」ができず、
肩のトレーニングは、かなり少なめな日々が続きました。

が!

奇跡がおきたのです。徐々に痛みがなく
なってきて、なんとか普通にトレーニン
グできるようになりました。とりあえず
再発しないよう無茶はしないつもり。
(別にアスリートでもないわけですし…)


次、故障したら終わり…やな(怖 。。。
[ 2021/11/12 09:00 ] ジム、トレーニング | TB(-) | CM(4)

【スポーツクラブ】 生き残りをかけたフリーインストラクター削減の大改革

10月に入り、少しはコロナも終息して
きたかなという印象。もちろん、withコ
ロナは変わらないのだろうけど。

しかし、その間、失ったものは大きい。
私が通っているスポーツクラブもその一
つ。会員さんがやはり大きく減ったらし
い。特に法人会員の契約が軒並み消滅し
たらしく、たしかに駐車場もガラガラな
ことが多かった。



そして、10月から生き残りのためと思
われる延命策がスポーツクラブに適用された。


「フリーインストラクター削減」


スポーツクラブには、スタジオプログラ
ムというものがあります。スタジオでイ
ンストラクターがエアロビクスや格闘技
系エクササイズ、ダンス、ヨガ等を行い
複数人の会員さんでレッスンするというもの。

それらの多くは、フリーインストラク
ターが担当していたのですが、ことごと
く切るという大改革が行われました。
(=代わりに社員やアルバイトによるス
タッフのレッスンが増えました)

スポーツクラブの生き残りをかけて必死
だとは思いますが、フリーのイントラさ
んの方が死活問題。会員さんにとっても
やはりレベルの高い(フリーのイントラ
の)レッスンは受けたいし、誰も得しないというね。


じわじわと日々の生活を蝕んでいくコロナ… 。。。
[ 2021/10/07 09:00 ] ジム、トレーニング | TB(-) | CM(4)

【筋トレ】 実用的かつ見た目最強! 肩のトレーニング「ミリタリープレス」 【三角筋】

筋トレで、ベンチプレススクワット
デッドリフトは、いわゆる「ビッグ3」
とよばれ、人気が高く、かつ実用的な種目です。

それ以外に人気がある種目をあげるなら
肩の筋肉のトレーニングとなります。

1.実用的
普段の生活において、肩の筋肉を使わな
い人はいないでしょう。鍛えておいて損
はない筋肉と言えます。

2.見た目がよくなる
胸ばかりを鍛えて、強調される体は賛否
両論あると思うのですが、肩の筋肉が強
く筋骨隆々の体は、誰しもがかっこいい
と思えると思うのです。

代表的なのは、バスケットボール選手。
そして、体操選手。皆、肩が一様に鍛え
られており、かっこいい。また、露出が
少ないのでアレですが、パリ五輪でも採
用されるブレイクダンス、そして剣道な
んかも肩の筋肉強めの人が多いんじゃないでしょうか。

もちろん、女性でも鍛える価値はたくさんあると思います。



さて、肩トレは一般的に「プレス系」
(上に押し上げる)と「レイズ系」(下
から上へあげる)があるのですが、レイ
ズ系は、とにかく大人気。肩の筋肉(三
角筋)は前・中・後とわかれており、特
に中部を鍛える「サイドレイズ」の人気
は凄まじいです。



ちなみに、私が好きな種目は、プレス系
の「ミリタリープレス」です。かっこい
い名前がついてますが、要は立った状態
でバーベルを肩の上に持ち上げる種目と
なります。比較的軽めのダンベルで行う
レイズ系と違って、高重量を扱えるプレ
ス系が好きなのです。



大昔は、ベンチプレスの代わりにこの
ミリタリープレスがビッグ3の一つだっ
たそうです。ちなみにこの種目、ジムで
は不人気で私以外やってる人はかなり少
ないです(悲しい…)

そして、さらに悲しいことに今、肩を怪
我をしていて、この種目が痛くてできな
いという(本当に泣き)


肩が強い人=本当の力持ち、のイメージ 。。。
[ 2021/08/20 09:00 ] ジム、トレーニング | TB(-) | CM(4)
検索フォーム
プロフィール

神田ももたろう

Author:神田ももたろう
2015/2/20 マイホーム購入
 39歳(2015/4/13時点)

人生バタバタして、なんでも始める
のが遅かったけれど、今からまた
いろいろ頑張ります。

一応、ダイエットブログです。
35kg痩せた
過去の私の努力をよかったら
御覧ください…(;´Д`)

過去日記:万年ダイエッター

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング