ブログパーツ

39歳からいろいろ頑張るブログ

人生安定しはじめた今からいろいろ頑張るブログ

一万時間の法則…「天才! 成功する人々の法則」

いろいろブログやサイトを漁ってる際、
時々「一万時間の法則」という単語をや
らを見かけることがあった。ビル・ゲイ
ツやビートルズ、等もこれらに該当するのだとか。

10000時間の法則とは?
マルコム・グラドウェル氏が提唱した法則で、偉大な
成功を収めた起業家や世界的に有名なスポーツ選手
など何かの分野で天才と呼ばれるようになる人達に
共通しているのは、10,000時間というこれまでに打ち
込んできた時間が関係しているというもの。

 参考:"天才"に生まれ変わる「10000時間の法則」 - NAVER まとめ

元ネタはなんだろうと思っていたら、この本だった。

天才

有名な方らしいけど、当然(!?)私は
知らず。この本を読むと、何事も「才能
がない」から伸びないのではなく、絶対
的に費やした時間が少ないから能力が伸
びないのだと思えてくる。

とはいえ、10000時間を費すことは
とんでもない労力。裏を返せば、だから
こそ何事も幼い頃から打ち込んだ方がい
いという風にも捉えることができる。

----------

余談。私が小学生の頃、当時の教頭先生
がこういうことを言っていた。

「物事を1000時間努力した人は、名人だ」
「物事を10000時間努力した人は、達人だ」

ずっと印象に残っている。書籍は当然発
売されていない時代だから、自ら考えた
のかもしれない(やるな!教頭先生)
とにかく、昔からやはり努力に膨大な時
間をかけることの大切さは不変というこ
となのだろうね。


今から10000時間かけたら、何歳!?(汗 。。。




[ 2017/08/12 09:00 ] | TB(-) | CM(6)

「人生の時間銀行 あした元気になるために」 Time is ○○○.

次のような銀行があると、考えてみてください。
  
その銀行は、 毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。
同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。
つまり、86,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった
金額はすべて消されてしまいます。
 
あなただったらどうしますか?
 
もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。
私たちは一人一人が同じような銀行を持っています。
~~~

玉石混交なネット情報ではあるが、偶然
の素晴らしい出会いはある。上記の文章
も昔、ネットで知った。衝撃を受けた。
もとは、チェーンメールらしいが、定か
じゃない。そして、それらの文章をまと
めた(?)「人生の時間銀行」なる本が
あることを知り、つい購入した。

時間銀行1

冒頭の答えは、言うまでもなく「時間」

思えば、私の20代、30代(前半)は
無駄な時間(お金の浪費もだけど…)を
消費した。それはまるで時間というもの
が無限にあるものと感じるほどに。

でも、違うんだよね。有限なんだ。40
近くになり、それに気づいた時、今まで
の自分を責めたくなった。

だからといって、嘆いているだけじゃ始
まらない。ならば、残りの限りある時間
をより有効に、より濃厚に使うよう努力
すればどうだ。今のブログはその思いが
強く込められている。

先日、まーた一つ年齢を重ねてしまった。
果たして、充実した1年が過ごせただろ
うか。そして、新しい1年は充実して過
ごせるだろうか。いや、過ごす!


どんどんブログタイトルから、年が遠ざかるのはご愛嬌ということで… 。。。


~~~
それは、時間です。
 
毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。
毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。
それは、翌日に繰り越されません。
それは貸し越しできません。
毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。
そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、あなたは
それを失ったことになります。
過去にさかのぼることはできません。
あなたは今日与えられた預金の中から今を生きないといけません。
だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。
そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。
時計の針は走り続けてます。
今日という日に最大限の物を作り出しましょう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生の時間銀行 [ 吉田浩 ]
価格:1007円(税込、送料無料) (2016/12/10時点)



[ 2016/12/15 09:00 ] | TB(-) | CM(4)

なんで私が…(汗) 「採点者に好印象を与える 高校入試 小論文・作文のオキテ55」を精読

先日、妻がこのような本を買ってきた。

小論文のオキテ

子供が今度、「小論文」のテスト(?)
があるとのことで、その対策にという
ことだ。ほう…まだまだ就職や進学は
先なのに、そんなテストがあるのだな。

しかも、ご丁寧に「高校入試」用の書
籍じゃないか。きっと、「大学入試」
用の書籍では、うちの子供では理解で
きないだろうという判断でコレなのだ
ろう。悲しい話だ…(T_T)


「先に、この本読んどいて!」


!?

なんでも、子供が読む前に私がきっち
りポイントを理解しておいて、子供が
いざ読む時に解説してあげてほしいとのこと。

------------

ということで、一通り読んでみた。

わかりやすい。だが、子供がちゃんと
理解して、実際にoutputできるかは謎である。


実は私自身、小論文を書いた記憶がないような…(滝汗 。。。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

採点者に好印象を与える高校入試小論文・作文のオキテ55
価格:1080円(税込、送料別) (2016/11/26時点)



[ 2016/11/30 09:00 ] | TB(-) | CM(4)
最新記事
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

神田ももたろう

Author:神田ももたろう
2015/2/20 マイホーム購入
 39歳(2015/4/13時点)

人生バタバタして、なんでも始める
のが遅かったけれど、今からまた
いろいろ頑張ります。

一応、ダイエットブログです。
35kg痩せた
過去の私の努力をよかったら
御覧ください…(;´Д`)

過去日記:万年ダイエッター

ランキング